このサイトについて

 
みなさん、こんにちは。
サイト管理人のシネマファン♪です。
サイトにお越し頂き、ありがとうございます。
 
本稿では、サイトの主旨などを簡単に説明させていただきます。
 

アンジェリーナ・ジョリーの活躍を子供の切り口で見る

 
このサイトは、愛すべき女性、アンジェリーナ・ジョリーさんの活躍の秘密(?)を、彼女の子供たちの切り口から探ってみようという目的でつくりました。
 
登場人物は少なめです。
 
[list class="li-beige shadow"]

  • アンジェリーナ・ジョリーさん(以下、敬称なしで「アンジー」と記します)。
  • パートナーのブラッド・ピットさん(以下、敬称なしで「ブラピ」と記します)。
  • そして、6人の子供たち。
[/list]  
なお、そのほかの登場人物を含め、基本、「敬称」なしで行きますので、ご理解のほど、よろしくお願いします。
 
アンジェリーナ・ジョリー (c) pixabay
(画像出典:pixabay)
 
それでは、主人公・アンジーについての紹介からはじめますね♪
 
アンジーは、父が大俳優のジョン・ヴォイト、母も女優のミシェリーヌ・ベルトランという芸能一家に生を受けました。
 
女優になるべくしてなったような経歴を想像しますが、生後間もないときに両親が離婚。いろいろと大変なことがあったみたいです。
 

アンジー、24歳でアカデミー女優に!!

 
途中経過は大胆に飛ばしますが(笑)、アンジーは、1999年、24歳のとき公開された『17歳のカルテ』に出演します。主演のウィノナ・ライダーを凌ぐ評価を得て、2000年、同作品でアカデミー助演女優賞を受賞します。
 
主演、ウィノナ・ライダーを凌駕した作品『17歳のカルテ』
アンジェリーナ・ジョリー出演映画『17歳のカルテ』(シナリオとDVD)
 
そして、さらに、2001年に公開された『トゥームレイダー』のララ・クラフト役で、大女優としての名を盤石なものにします。
 
なお、この『トゥームレイダー』では、不仲を伝えられていた父、ジョン・ヴォイトと共演しています。
 

アンジーの転機は2000年!?

 
2000年、『トゥームレイダー』の撮影で、アンジーはロケ地カンボジアを訪れます。
 
アンジェリーナ・ジョリーを大女優にした『トゥームレイダー』(ララ・クラフト役)
トゥームレイダー (c) pixabay
(画像出典:pixabay)
 
アンジーはその地で、孤児たちの状況を目の当たりにして、人道問題を注視するようになりました。
 
そして、2回目の結婚の破局直前の2002年3月に、最初の養子を迎えます。カンボジア人のマドックスです。
 
それから、3年後の2005年7月には、エチオピア人のザハラを2番目の養子に迎えます。
 
その後、パートナーであるブラピとの間に、2006年5月、実子シャイロを授かったのち、2007年3月には、ベトナム人の孤児、パックスを3人目の養子として迎えます。
 
そして、双子を授かります♪
 
この立て続けの養子縁組&実子出産からは、アンジーの母としての本気度が伝わります。
 

女優業・監督業の傍ら慈善活動に注力する!!

 
アンジーのどこに、そのモチベーションとエネルギーがあるのか。
 
監督業2作目の作品『不屈の男 アンブロークン』
<スポンサーリンク>
 

 
そんなこんなで、アンジーの活躍の根源を、養子を含めた6人の子供たちとの関わりのなかから見ていこうと考えています♪
 

追記〜フォントサイズを変えられます♪

 
最近、老眼の気が出てきたサイト管理人自身のため...ということもあるのですが、サイトのフォントサイズをサイト利用者が変更できる機能を取り入れました。サイドバーに「フォントサイズ変更」を設置しました。
 
デフォルトは18ポイントで、2ポイント幅で、10ポイントから24ポイントまで変更が可能です。とくに、スマホで閲覧するときに「字が小さくてよく見えないよ〜」という方には便利だと思いますので、どうぞお使いください。
 

追記2〜アンジーとブラピの映画も扱います♪

 
[list class="li-beige shadow"]

  • アンジーとブラピが関わった、いくつかの映画のことについても、ここで紹介させていただく予定です♪
  • 本サイトのヘッダー画像は「pixabay」の無料画像を使用させていただいています♪
[/list]  

追記3〜サイトヘッダーの意味!

 
ある方から、ヘッダー画像の意味は?...と聴かれました。
 
余り意識していなかったのですけど、アンジーと6人の子供たちを暗示しています。
どれがアンジーで、どれが子供たちか...のご判断は、お任せします♪
本来なら8匹のはずが、1匹たりない(笑)。
 
画像をたくさん使わせていただいている pixabay さんには、本当に感謝しています。
 

追記4〜映画で画像紹介のためにAmazon活用!

 
記事本文のなかでは、書籍やDVDや映画を紹介する際に、画像としてAmazonアソシエイツ(アフィリエイト)の画像を活用させていただいています。
 
更新日:2018年8月15日
公開日:2016年8月30日

【広告】ファッション特集♪

【ファッションレンタルサービス】



 
_/_/
 
【LAULEN(ローレン)〜レディースファッション通販サイト】