<スポンサーリンク>

アンジェリーナ・ジョリーは映画『トゥームレイダー』の撮影でカンボジアを訪れ、そこで内戦難民の実態を目の当たりにして、人道支援に目覚めます。
 
『トゥームレイダー』の撮影を終えた2001年2月には国連難民高等弁務官事務所スタッフに同行する形で、アフリカの難民地域を訪れます。それを皮切りに約1年間で、のべ44日間をかけて計4回難民地域を訪問し、その実態を著書『思いは国境を越えて』に綴りました。
 
アンジェリーナ・ジョリーは2001年8月にUCHNR(国連難民高等弁務官事務所)親善特使に任命され、その後の活動も評価され、2012年3月にはUCNHR特使に任命されいまに至ります。
 
(本ページ更新日:2018年6月23日)  
 


<スポンサーリンク>

人道支援活動の記事一覧
DVD『最愛の大地』
アンジェリーナ・ジョリーUNHCR特使講演紹介〜8/19は世界人権デー
難民救済活動