アンジェリーナ・ジョリー、3年ぶりに長女・ザハラ、次女シャイロとレッドカーペットに登場♪

レッドカーペット


<スポンサーリンク>

 
2018年1月、アンジェリーナ・ジョリーと、長女ザハラ、次女シャイロの3人が、3年振りに公式の場に。ある授賞の公式記念パーティーのレッドカーペットに登場したのです♪

母娘、3年前にも…

アンジェリーナ・ジョリー(以下、「アンジー」と記します)と家族たちは、パパラッチに追われたりすることもあり、あまり人前には現れません。それでも、何かの授賞式などには、アンジーは子供たちを連れて登場します。
 
アンジー、そして、ザハラとシャイロの母娘3人は、2015年3月28日、キッズ・チョイス・アワードに出席しました。
 
キッズ・チョイス・アワードというのは、子供向け専門チャンネルが主催・放送している子供たちの祭典です。俳優、映画、アニメ、音楽など16部門の賞を発表します。それぞれ受賞は全米3000万人の子供たちが参加し、彼ら彼女らの投票で受賞者が決定します。
 
アンジーは、2014年公開映画『マレフィセント』で魔女マレフィセントを演じ、それで「お気に入りの悪役賞」を受賞しました。受賞が決まった瞬間の親子3人の喜びようは凄かったみたいです。
 
インスタグラムからピックアップ
[fontsize size=”1″](※公式インスタではないようですが…)[/fontsize]

❤️

Angelina Jolieさん(@angelinajolieofficial)がシェアした投稿 –


このとき、長女ザハラ10歳、次女シャイロ8歳です。
 
この授賞式でアンジーは次のような受賞コメントを残しています。

<スポンサーリンク>

私は小さいころ、マレフィセントと同じように“みんなとは違う”と言われた。
 
でも気がついたの。違うのはいいことなのよ。みんなも人と同じになろうとしないで。あなた自身でいて。誰かがあなたに“みんなと違う”と言ったら、微笑んで顔を上げるのよ。そしてそのことに誇りを持つの。
 
悪役として言わせてもらうわ。少し悪いことをしてみなさい。そうするとあなたのためにもなるから!

 
素敵なコメントです。「違う」ことに誇りを持ちなさい。そして、少し悪いことをしてみなさい…というのもいいですね。壁を破れってことです♪

3年振りのレッドカーペット

そして、今度は2018年1月、「第89回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞2017年」の酷使機記念パーティーにアンジー母娘3人が3年振りに登場です♪
 
「ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞」というのは、アメリカの「国民のための文化」としての映画の質を維持するため、年間300本以上の作品から受賞作品を決めています。2017年度分については、2017年11月28日に発表、そのガラ(公式記念パーティ)が2018年1月に開かれたわけです。
 
そして、アンジーは2017年にNetflixで全世界同時配信をした映画『最初に父が殺された』で「表現の自由賞」を受賞しました。
 
授賞式レッドカーペットでの、3年振りの母娘です♪
アンジェリーナ・ジョリーと長女ザハラ、次女シャイロpart3
[fontsize size=”1″](※画像出典:BAZAAR)[/fontsize]  
 
このとき、長女ザハラ13歳、シャイロ11歳です。3年前の写真とくらべて、やはりちょっぴり大人になった感じですね。その「違い」以上に、相変わらず美しい母娘3人です♪
 
実は、シャイロは少し前に鎖骨を骨折、腕を吊っているんですが、それも黒で統一しています。
 

まとめ

アンジーは小さい頃から、父ジョン・ヴォイトに連れられてレッドカーペット体験を摘んでいます。そういうのが女優になる遠因になっているのではないでしょうか。
 
度々レッドカーペットを体験しているザハラとシャイロも、きっと大きくなったら母アンジーの後を追って、女優として活躍する日が来るのではないかと楽しみにしています。
 
親の七光りをバリバリ使って、活躍しちゃってください。
 
[fontsize size=”1″]※アイキャッチ画像の出典:pixabay[/fontsize]  
 
_/_/
 
いつもお読みいただきありがとうございます。
シネマファン♪


<スポンサーリンク>