【ネタバレ】『ソルト』アンジェリーナ・ジョリー、スパイ映画の傑作♪

ネタバレ


<スポンサーリンク>

 
大好きな映画『ウォンテッド』のあとに、さらに大好きな映画『ソルト』を紹介できて幸せです。さっそく紹介&ネタバレを書きますね♪

以下、アンジェリーナ・ジョリーについては敬称なしの「アンジー」と書きます。

『ソルト』の概要情報

最初「作品の概要情報」を記してから、「作品のネタバレ」を書きます。ネタバレを見たくない!という方は、「作品のネタバレ」の前でブラウザを閉じてくださいね♪
 
[fontsize size=”1″]<スポンサーリンク>[/fontsize] 

作品概要

  • 原   題:Salt
  • 監   督:フィリップ・ノイス
  • 脚   本:カート・ウィマーほか
  • 製   作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラほか
  • 製作総指揮:リック・キドニーほか
  • 主   演:アンジェリーナ・ジョリー
  • 共   演:リーヴ・シュレイバー、ダニエル・オル振りフスキーほか
  • 公 開 日:2010年7月23日(アメリカ)
  • 上映の時間:100分
  • 興行収入 :289百万ドル
  • 見放題情報:dTV(記事公開日現在)

あらすじ

映画『ソルト』の予告編はこちらです。
 
_/_/
 
CIAの女性諜報員イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)。彼女が突然ロシアのスパイだと疑われ、夫の身の危険を案じたたソルトは逃走します。
 
国内ではアメリカ副大統領の葬儀にロシア大統領が列席。そのロシア大統領を逃走していたソルトが殺します。そして、ソルトはロシアに凱旋。しかし、ソルトが取った行動は意外なものでした…。

『ソルト』の見どころ

この映画『ソルト』の一番の見どころは、見る者を二転三転と裏切るその展開です。映画冒頭で北朝鮮にスパイとして捕まり拷問を受けているソルト。彼女が人質交換で助かると、それに尽力した蝶の研究者と結婚。一見、恋愛映画かと思うと、そんな甘い気持ちはすぐに裏切られます。
 
ソフトはロシアのスパイだと疑われ逃走。見る者は「違うだろ!」と怒りを抱きながらも逃走劇にハラハラ。しかし、ロシア大統領を殺し、ロシアに凱旋するソルトを見て「うん??」となってしまいます。さらにそれからどんでん返しがあるとは…。
 
それからもうひとつの見どころは、これまで『トゥームレイダー』『トゥームレイダー2』『Mr.&Mrsスミス』でたくさんのアクションをこなしてきたアンジーの「隙の無い素敵なアクション」です。アクション好きには、たまりませんね♪

『ソルト』アンジーの関わりなど

当初、アンジーは映画『ソルト』に主演出演する予定はなかったのです。このあたりのことについては、『ソルト』を扱った別の記事から引用しますね。
 

当初、『ソルト』の主演はトム・クルーズの予定でした。それが、別のスパイ映画『ツーリスト』に出演予定ということでキャンセル。
 
噂では、ウィル・スミスがトムの代役を務めるということでしたが、制作側がそれを否定。そんなこんながあり、『Mr.&Mrs.スミス』や『ウォンテッド』でのアクションが好評だったアンジーに白羽の矢が立ったのです。
 
一方、『ツーリスト』出演のため『ソルト』を降板したトム・クルーズですが、なんと『ツーリスト』も降板してしまうのです。彼が選んだ映画は『ナイト&デイ』でした。結果、『ツーリスト』の主演はジョニー・デップとアンジーになったというわけです。
 
なんと、アンジーが『ソルト』に出演し、そして『ツーリスト』でジョニー・デップとW主演できたのは、トム・クルーズのおかげだったのです!
 
(※アンジェリーナ・ジョリー主演映画『ソルト』〜女性スパイ映画決定版!?から引用)

<スポンサーリンク>

 
トム・クルーズ、やってくれました(笑)。

『ソルト』のネタバレ

以下「ネタバレ」です。なので「ネタバレ」は読みたくないという方は、ここでブラウザを閉じてください。

主な登場人物(吹替声優名はソフト版)

♀イヴリン・ソルト(主役)

  • 演:アンジェリーナ・ジョリー、声:湯屋敦子
  • CIA女性諜報員。北朝鮮にスパイとして捕まり拷問を受けていた。
  • 人質交換で解放されたあと、昆虫学者と結婚し、CIA復職。
  • 突然、ロシアのスパイと疑われ逃走します。
♀テッド・ウィンター
  • 演:リーヴ・シュレイバー、声:東地宏樹
  • CIA諜報員でソルトの上司。
  • スパイと疑われたソルトと庇うが実は彼こそが…
♂ウィリアム・ビーボディ
  • 演:キウェテル・イジョフォー、声:竹田雅則
  • ソルトをロシアの二重スパイだと疑い執拗に追う。
  • ある時点からソルトの立場と状況を疑う。

起〜幸せな結婚生活を続けるソルトが一転!?

CIA女性諜報員のソフト(アンジェリーナ・ジョリー)は、2年前潜入した北朝鮮で逮捕監禁されスパイとして拷問を受けます。人質交換で救出されたソルト。彼女の救出に尽力してくれたのが昆虫学者のマイクです。実は、ソルトは北朝鮮に潜入するにあたってマイクを利用したのです。そんなこんながあって、解放後ソルトはマイクと結婚。CIAに復職して、幸せな結婚生活を送っていました。
 
そんなソルトに突如災難が…。CIAにロシアのスパイを名乗る男が出頭し、ソルトが尋問することに。そして、その男が「ソルトことがロシアのスパイだ」と言い切ったのです。ソルトは一時尋問室に留め置かれ、男は退出。しかし、男は捜査員たちを殺し逃走。夫マイクの身が危ないと悟ったソルトは逃走します。
 
一部始終を見ていたCIA諜報員ビーボディは「ソルトは二重スパイだ」と断定し、ソルトを殺すことも辞さずに追います。それからCIAとソルトとの壮絶な逃走劇が展開。ソルトは一時逮捕されるも、なんとか逃げることができます。
 
ソルトの夫マイクは、すでに自宅に姿はなく、どうやらロシア側に連れ去られたようです。

承〜ソルトがロシア大統領を殺し、凱旋する!?

アメリカ副大統領が亡くなりその葬儀にロシア大統領が列席。その場でロシア大統領暗殺が計画されているとの情報を入手したCIAは、シークレットサービスとともに厳重警戒をしきます。そんななかソルトが登場し、ロシア大統領を暗殺を実行します。
 
大仕事を成し遂げたのち、ソルトは自分を育ててくれたオルロフの元に戻ります。
 
1970年代の冷戦時代、オリンピック・レスラー男性と女流チェス名人が出会い、娘が生まれます。この娘はさらわれ、対アメリカのスパイ養成者をつくりだす「KA計画」のもと、スパイ教育を受けます。小さなころからアメリカ人になりすます教育を徹底的にたたき込まれ、完全なるスパイとしてアメリカに送り込まれます。それがソルトで、そのソルトを育てたのがCIAに亡命をしたいと名乗り出てきたオルロフだったのです。
 
今回ロシア大統領を狙ったのは、それによってロシアとアメリカの間に大きな亀裂を入れることが目的です。大役を果たしオルロフの元に戻ったソルトは、歓待を受けます。しかし、その前に目の前で夫マイクが殺されるのを目の当たりにします。それを見てもソルトは微動だにしません。
 
ソルトは根っからの二重スパイだったようです。

転〜ロシアの仲間を皆殺しのあとは…

オルロフの元に戻ったソルトは、2人で祝杯を。しかし、そこでソルトは意外な行動を取ります。酒瓶を割ったソルトはそれでオルロフを襲い殺します。そして、アジトにいた仲間、つまり、一緒にスパイ養成機関で育った仲間たちを皆殺しにします。
 
そして、ソルトは何食わぬ顔でロシア機関の次の指令に就きます。それは、ホワイトハウスに乗り込んでアメリカ大統領を暗殺し、核発射ボタンを押すというものです。実はソルトがこの指令に乗ったのにはある思惑がありました。それは「アメリカ大統領を助け、かつ、核発射ボタンが押されることを阻止したい」ということなのです。
 
ホワイトハウスに潜入したソルトですが、同僚が爆破を起こし騒動が起きます。CIAでソルトの上司だったウィンターは、大統領を警護し、地下のバンカー(司令室)に大統領ともども退避します。そこから内部映像を見ると、ソルトが隊員たちを倒す映像が。
 
ロシアが各実戦装備を始めたとの情報を得た大統領は、核攻撃の準備をします。あとは発射コードを入力し起動させるだけの状態になります。すると、ウィンターが一転、大統領を除く全員を射殺します。
 
その様子を知ったソルトは、ウィンターも「KA計画」の同志だったことを知ります。ソルトはウィンターの計画を阻止するために、バンカーに自分も入れてくれと頼みます。ウィンターが入室させようかと思ったとき、ウィンターはテレビ報道を目にします。それはロシア大統領が実は死んでいなかったという報道です。つまり、ソルトは指令を守らなかったということを知り、もはやソルトは敵だと知るのです。
 
ソルトは核攻撃を阻止するために、バンカー(司令室)に入る手立てを考え、入室に成功します。そこでウィンターと戦い、発射寸前で止めることに成功すると同時に、CIA特殊部隊がなだれ込み逮捕されます。

結〜最後の同僚を抹殺するソルトは…

大混乱のホワイトハウスですが、ウィンターは自分がスパイであることを知られては困るため、どうしてもソルトを抹殺する必要があります。しかし、それを当然ソルトも分かっているわけで…。
 
逮捕拘束されているソルトに近づくウィンター。なんと、ソルトは意外な方法で逆にウィンターを殺してしまいます。再び拘束されたソルトは移送のためにヘリコプターに乗ります。そこには、執拗にソルトを追いかけてきたCIA諜報員のビーボディも乗り込み、ヘリコプター内で尋問をします。
 
実は、ビーボディはソルトが実はロシア大統領暗殺を阻止し、アメリカ大統領暗殺と核発射を阻止ししたこともわかっていたのです。しかし、それを明らかにする手立てもないビーボディはある作を練ります。
 
それをアイコンタクトでソルトに伝えます。ビーボディはまずソルトを殴り、そして、ソルトの手錠を外します。そして、3つ数えたらとジェスチャーで伝え、3つ数えます。同時に、ソルトはビーボディを殴り、ヘリコプターのドアを外して眼下の湖に飛び降ります。
 
その後、ソルトは逃走するところで映画はThe End。なんだか続編がありそうな終わり方でしたが…。
 

まとめ

この記事では映画『ソルト』の紹介と「ネタバレ」を書きました。
映画『ウォンテッド』同様に、二転三転する物語展開って面白いですね。
 
気持ちよくアクションを楽しみながら、そして、気持ちよく欺される(笑)。結構、痛快です♪
 
アンジーのアクションについては、こちらのネタバレ記事もどうぞ♪

 
なお、この映画『ソルト』には、実はエンディングが3つあるんです。それについてはこちらの記事をどうぞ。
 
_/_/
 
また『ソルト』については、こちらの記事も書いています♪
 
[fontsize size=”1″]*アイキャッチ画像の出典:pixabay[/fontsize]  
 
_/_/
 
いつもお読みいただきありがとうございます。
シネマファン♪


<スポンサーリンク>

error: Content is protected !!